古代マヤ暦アカデミーのホームページ
これまでの古代マヤ企画


2020年プロジェクト第1弾
古代マヤ文明を楽しく学ぶ
2018年5月
土方美雄先生を迎えての
特別限定講演会
大成功で無事に終了しました
関連記事@ 関連記事A




前代未聞の大講演会
2017年5月
日本招聘プロジェクト2017
古代マヤ暦直伝レクチャー
大成功で無事に終了しました
関連記事@ 関連記事A




2017年3月
古代マヤの末裔、正統血統
キチェ・マヤ最高位の
シャーマン大長老に
お見舞い金とメッセージを
送ろうプロジェクト2017
皆さま賛同と協力、本当に
ありがとうございました。
大長老のご自宅訪問記事




2015年11月
世界初、単独依頼での
グアテマラ世界複合遺産ティカルの
グラン・プラザにて、
マヤ最高位神官による
伝統セレモニーを実現!
大成功で無事に終了しました




光の大集会
2015年4月16日と4月19日
!!世界初の快挙!!
銀河のマヤと古代マヤの
歴史な融合が実現
大成功で無事に終了しました






日本で、否、世界中で「古代マヤ暦」と誤認識されているカレンダーは、
今から30年ほど前に、メキシコ系アメリカ人
ホゼ・アグエイアス博士が高次元とアクセスされ創られた
銀河のマヤ ツォルキン(13×20)と、
銀河のマヤの太陽暦(13×28+1)です。
メソアメリカのグアテマラやベリーズ、メキシコ西部を中心に栄えた
古代マヤ文明の叡智である、「古代マヤ暦」
ツォルキンTZOLKIN(20×13)、ハアブHAAB(20×18+5)
を、多くの人が「銀河のマヤツォルキン同じもの」と誤解しています。

「銀河のマヤ」と「古代マヤ」は、カウントも違えば、
意図、目的、用途も全く異なる暦です。

2018年の現時点で「古代マヤ暦の正しい教え」は、残念ながら世に流出していません。
もし流出していると言われていても、微妙に変えられている現状です。

南北メソアメリカ長老評議会議長であり、古代マヤ文明の末裔正統血統である
キチェ・マヤ第13代最高位シャーマン、
アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ大長老
(グアテマラだけでも500人以上存在すると言われるマヤ族を統括される人物)
と共に、古代マヤの正しい教えを世に紹介してゆくために、
あすわは、世界初の「古代マヤ暦アカデミー」を、ここに設立しました!!