古代マヤ暦アカデミーのホームページ


銀河の音とギャラクティック・シャーマンへの道
〜世界平和の祈り、ハーモニック・コンバージェンス再び〜
〜ヌースフィアの時代とは、1人ひとりがメディスンマンとなり、銀河意識で生きる時代〜



白い磁気の魔法使いの年  律動の月2日  銀河のマヤツォルキンKIN155
2019年12月14日(土)
13:00〜19:00(開場12:00)
ヌースフィアの時代2333日
青い月の嵐の年   電気の月(2020年10月)

阿倍野区民センター 小ホール
地下鉄谷町線・阪堺電車上町線「阿倍野」駅から直ぐ 地下鉄堂筋線・JR「天王寺」駅、
近鉄南大阪線「あべの橋」駅徒歩10分
※会場には駐車場がありません。公共の交通機関をご利用ください。


人類史に刻まれるであろう地球規模の巨大プロジェクト『銀河のマヤと古代マヤの歴史的な統合』!
地球の裏側マヤ文明圏メソアメリカより、
メキシコからユカテク・マヤ、エルサルバドルからカクチケルマヤ、グアテマラからキテェ・マヤ。
マヤ文明の3大末裔それぞれの長老が、日出るところのくに日本へ集結!!
世界平和の祈り(ハーモニック・コンバージェンス・フラクタル共振)を発信!!

世界平和への祈りの想念波は、天の川銀河全体へと拡がります。
私たちの祈りのエネルギーは、天の川銀河の中心にあるブラックホールの奥深くをその源とする
意識知性の集合波動(銀河連盟)へと響くことでしょう。
送信をすれば必ず地球へ返信があります。

2020年10月プロジェクトは、「1987年8月16日と8月17日に行われたハーモニック・コンバージェンスを模す行為」であり、
地球人類が2013年から始まったヌースフィアの段階に突入してから初めての試みとなります。


ですが、銀河へ送信するには、私たち1人ひとりの意識をいま以上に高め響かせないといけません。
2020年10月「銀河のマヤと古代マヤの一大プロジェクトの『前年祭』」として、
白い磁気の魔法使いの年 律動の月2日 銀河のマヤツォルキンKIN155 (2019年12月14日)に意識進化、
エネルギーフィールド強化のために、重要な集いを開催します!



『祈りの音・聖なる音』をテーマに世界中の聖地にて演奏、
先住民長老達のセレモニーにも深く関わってきた平和の音(振動)を表現し発信し続ける岡野弘幹さん、
そして、世界が認める日本の沖縄琉球王国の「神んちゅ」である大石和美さんと共に、
銀河のマヤのメッセンジャー秋山広宣が、銀河に轟く発振を行います!!

ハーモニック・コンバージェンス・フラクタル共振へと続くこの祭典に、あなたの音の協力が必要です!
集え! 銀河連盟に連なる地球人たちよ!



◆基本コンセプト◆

※どうして、沖縄の神んちゅの大石さんと、
シャーマニックなサウンドアーティストの岡野さんとコラボするのか?

あすわの目的は、1990年にアメリカ人ホゼ・アグエイアス博士によって提唱された、
高次元のエネルギーマトリクス「銀河のマヤツォルキン」を推奨し、改暦運動を進めることです。

あすわは、マヤ文明のマヤ考古学を学ぶことや古代マヤ暦を推奨することが目的ではありません。
ですが、毎年、地球の裏側メソアメリカのマヤ遺跡に実際に足を運び、
マヤ文明の末裔の大長老を始め、先住民の人たちとも親交を深めています。
なぜなら、今から何十万年前に地球のメソアメリカ地域に、
高次元の意識存在たちが銀河連盟の指令を帯び降り立ったことが、紛れもない事実だと確信するからです。

高次元からの宇宙情報である銀河のマヤツォルキンを現されたホゼ博士の情報と、
古代マヤに伝承として継承される情報とが、見事に合致するからです。
メソアメリカのマヤ文明圏には、私たち現代人の想像を遥かに凌駕する情報と文化が当時開花していたはずです。
その驚嘆すべき情報のうちの1つとして、マヤの音楽があります。
マヤの音楽と言っても、私たちがイメージする音楽とは根本的に異なるものでした。
マヤの音楽は、振動でした。
マヤの楽器は、演奏したりメロディーを楽しむというものよりは、明らかにその振動によって変性意識を誘引、誘発するものだったことは確かです。
その音、振動を奏でることによって、意識にある一定の周波数帯に働きかけ、何らかの状態や意識に導く。
そのような目的があったのがマヤの音楽だったと考えられます。

今回、世界的に活躍される音楽家であり、世界の先住民の長老とも親交が深く、
2004年に世界の先住民の代表を日本へ招き、
6000人近い人々を霊峰富士に集め開催された「世界平和の祭典WPPD」のオーガナイザーの一人である岡野弘幹さんに、
マヤの音楽を奏でてもらうことになりました。
マヤの音は、紛れもなく銀河のマヤからもたらされた宇宙的な周波数と言えます。


目に見えない世界には理(ことわり)があります。
私たちの可視領域や可聴範囲を超えた世界に在ることを知ることは、これからの銀河時代に必須なことと考えます。
メソアメリカのマヤ文明の末裔を日本へ招くということは、目に見えない世界にとっても大変なこと。
なぜなら、マヤの神々と日本の神々とがあいまみえることにもなるからです。
そこで、生まれたときから神んちゅのとして神々との橋渡しをして来られた大石さんに、日本の大切な心の世界を語っていただきます。


地球星は、2012年12月21日から、本格的には2013年7月26日から新銀河時代(ヌースフィアの段階)へ突入しました。
私たちが2013年前後から何もかも加速している様に感じるのは、そのためです。

しかし、全体の波長が大きく変容している段階にもかかわらず、
私たち地球人類の潜在意識下の波長が、人工的な時間の比率である12対60の計時周波数に浸透したままでいます。
そのため、全体との不具合が生じ始めているのです。
私たちがこれまでとは異なる次の段階へと、意識進化を果たすためには、
銀河の基本比率である13対20の計時周波数に時間意識をシフトさせるしかありません。

人類に絶対的に隠されていた時間支配の周波数コントロールを解除させ、
最後の縛りを突破することで、アース・アセンディングが現実のものとなるのです。


【出演者プロフィール】

岡野弘幹 / HIROKI OKANO
音楽家・サウンドアーティスト


1990年ドイツIC DIGITよりワールドデビュー。
現在アメリカのDOMOレコードからも世界発売。
作曲家、音楽監督として、2017年秋には皇太子御出席の『第41回全国育樹祭香川』
音楽監督と演奏を務めている。
2018年全国公開の映画『PEACE NIPPON』(中野裕之監督)の音楽監督、
その他テレビ番組、CM等へも楽曲を多数提供している。
2004年には、世界の先住民指導者が富士山に集い6千名が
参加した『WPPD ワールドピースプレーヤーデイ』の事務局
メンバーとしてオーガナイズを務める。世界的な音楽家、喜多郎氏
など国内外で活躍するアーティストとコラボレーションも多数展開している。



大石和美/ KAZUMI OHISHI
神んちゅ(神人・女性神官)=シャーマン


神託啓示にそって、国内外の聖地を巡る。
神んちゅ ( 神人・女性神官 )= シャーマンとして主に水の儀式を行っている。
サンフランシスコで行われた北米ネィティブインディアンのセレモニー始め、
南米コロンビアにおいてはマヤ族のドン・アレハンドロ大長老やコロンビアの
四部族の先住民のマモス(霊的指導者)達と水の祈り・儀式を行う。
その他スイス、イギリスでもセレモニーを開催。
地球の異常現象、気候変動において神託啓示を伝える時期に来たと感じ、
シャーマン達の集まり以外に、沖縄の神んちゅとして初めてイギリスロンドン老舗の
サイキッククールで『人類と地球の行く末』の講演会を行う。
イタリアトリノで行われた世界スローフード(テラマードレ)の世界大会においても
気候変動の啓示の講演を行う。
2019年6月、イギリスグラスントベリー・ロックフェスティバルでウィズダムキーパーズ
の一員として水の儀式と講演会を行う。



秋山広宣/  HIRONOBU AKIYAMA
あすわ代表


高次元のエネルギーマトリクス「銀河のマヤツォルキン」だけを用いた
「マヤ鑑定?」を創り上げ、5000人以上のマヤ個人
セッションを行う。高次元の宇宙情報「銀河のマヤ」と、マヤ
文明の伝承としての「古代マヤ」の深部の情報との両方に精通
する極めて稀有な存在。古代マヤの考古学にも造詣が深く、毎
年の様に実際に地球の裏側マヤ遺跡に足を運び、現地情報の精
査を続けており、2007年から訪れたマヤ遺跡はのべ147遺跡。
古代マヤ文明の末裔キチェ・マヤ最高位シャーマンであるマヤ族の
ドン・アレハンドロ大長老と2014年から交流し、机上では決して学ぶことの出来ない
古代マヤの叡智の学びを現在も継続中。
著書に「銀河のビーム マヤツォルキン」がある。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

お申込みサイトは、こちら
チケット制:前売り9000円(当日10000円) 全席自由
※満席の場合、当日券の販売はありません。ご了承ください。
お申込みの際、お申込み人数・お名前・ご住所・携帯電話番号をお知らせください。

前売り価格 おひとり9,000円
お申し込み後、7日以内に参加費のお振込みをお願いします。
ご入金をもってお席を確保し、チケットを送付させて頂きます。

振込先:郵便貯金 14050−30425411 あすわ 宛
銀行からは、ゆうちょ銀行 店名四〇八(ヨンゼロハチ) 普通預金 口座番号3042541 あすわ 宛

※当日は、チケットをお持ちください。
※お振込み後のキャンセルは返金しておりません。但し代理参加は可能です。
(振込手数料は、ご負担をお願い致します。)

定 員:290名(※定員になり次第締切させていただきます)。

主催・総合窓口:あすわ事務局 連絡先:090-8195-4657 kiiroisenshi.akaituki@s7.dion.ne.jp
共催:グレートターニング  共催:有限会社アンビエンス